SSRI副作用

SSRI副作用記事一覧

ルボックス副作用ルボックスは一般名をマレイン酸フルボキサミンといい、うつ病やパニック障害のような精神疾患の治療に使われる薬です。ルボックス自体の歴史は短く、日本では1999年に認可されています。比較的新しい抗うつ剤です。ルボックスは従来の抗うつ剤に比べて改善された点があります。それは従来の抗うつ剤に多かった副作用が画期的に減らせているというところです。従来の抗うつ剤に多かった副作用として口が渇いた...

プロザック副作用プロザックは、アメリカのイーライリリー・アンド・カンパニー社から販売されている抗鬱剤です。アメリカを中心に世界中に流通している有名な精神安定剤の一種であり、統合失調症や強迫神経症、睡眠障害など様々な精神疾患の症状緩和に効果を発揮してくれます。特筆すべきは、薬品の成分が人体の精神活動をつかさどるセロトニン系の神経のみに作用する事です。他の神経を余計に刺激することがないので、驚異的な精...

デプロメール副作用デプロメールは、明治製菓から販売されている「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」の一種です。セロトニンの分泌を促進することで、鬱や強迫神経症、パニック障害、摂食障害、睡眠障害などの精神疾患の症状を緩和することができます。日本で正式に認可されたのは90年代末のことであり、比較的歴史の浅いセロトニン系医薬品ですが、その効果は抜群。今や多くのメンタルクリニックで治療薬として広...

ジェイゾロフト副作用心療内科を訪れてジェイゾロフトを処方される場合も多いです。ジェイゾロフトはリラックス作用のあるセロトニン濃度を高めてくれる効果があるとされ、心の病をわずらった方はこの薬のおかげで、不安が解消された人も少なくないでしょう。しかし薬には効果もあれば、対極として副作用というリスクも生じることは理解しておきたいものです。ジェイゾロフトの副作用はどのようなものがあるのでしょうか。ジェイゾ...

レクサプロ副作用レクサプロは、抗うつ剤として日本では2011年8月から発売された、新しいSSRIとして知られています。SSRIは選択的セロトニン再取り込み阻害薬のことで、うつ状態の人に処方される薬です。レクサプロは効果が高いといわれ、服用することで不安感や不快な気持ちが改善されたという患者さんも多いです。ただベネフィットもあれば副作用というリスクがあるのが、薬の常識です。もちろんレクサプロも例外で...

パキシルの副作用パキシルは、主に鬱病治療に用いられる抗鬱剤です。正式には、パロキセチン(選択的セロトニン再取り込み阻害薬=SSRI)という名称の医薬品です。鬱病になると脳内物質の分泌バランスが崩れ、精神活動に様々な支障が現れるようになります。そんな時にパキシルを服用すれば、脳の神経が刺激され、セロトニンやアドレナリンなどの脳内物質が正常に分泌されるようになります。低下した気分が向上し、精神活動を安...