アモキサン副作用

 

アモキサン副作用

 

アモキサンは第二世代の三環系抗うつ薬と呼ばれ、特許は切れているもののジェネリック医薬品は発売されていないという抗うつ薬です。後発薬に比べてやや強力な薬とされていますが、効果が現れるまでには約2週間から3週間の期間を要するとされています。強力な抑うつ薬という事で、その効果は甚大なのですが、三環系抗うつ薬の中でも副作用が出やすいという困った性質を持っている薬でもあります。
 主な副作用は下記の通り。
 めまい・頭痛・立ちくらみ・便秘・肝機能障害など、薬を飲んでいるせいで体調がますます悪くなってしまった!などという報告も多くなされています。また強力な薬の為、記憶障害、錯乱、せん妄、幻覚などの「妄想」に取りつかれてしまう事もあり、その使用には医師の厳重な監視のもとに行われるべきだとされています。
 抑うつ状態での最大の困難は「やる気の減退」「倦怠感」ですが、中でも「睡眠障害」というものがうつ病の特徴としてあげられます。脳内のシナプス間の伝達物質「セロトニン」の絶対量が不足してしまい、幸福感や安心感を感じられなくなったとき、人間の脳みそはリセットを試みます。睡眠でその悪い循環をリセットするべきなのですが、睡眠不足がリセットを阻止しているのですから「憂鬱感」と「睡眠不足」の悪循環が起こり始め、取り返しのつかない事態にもなってしまう事があるのです。
 副作用のない薬というのは、ありえません。何故なら薬は化学合成物質であり、人体にとってはそもそも遺物だからです。副作用に個人差があるのは異物である抗うつ剤を身体が受け入れるかどうかの問題であり、多・少関わらず、何らかの副作用は出現してしまうのです。
 「病は食から」という考え方があります。「マインドガード」は自然食品であり人体の敵となる化学物質は一切使用されていません。副作用がないのエス。セロトニンを多く分泌させる成分のハーブ・ノニ等の自然由来の成分凝縮させた「食品」であり、眠れない体質を丸ごと変えてしまおうというコンセプトのもとに作られています。「マインドガード」で睡眠を取り戻す事が出来るならば、試さない選択はないでしょう。

 

アモキサンを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓
マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから