アモバン副作用

 

アモバン副作用

アモバンは、フランスのローヌ・プーランローラー社が開発した睡眠障害改善剤で、ゾピクロンとも呼ばれています。
日本ではアモバンの商品名で1989年から使用されています。

 

非ベンゾジアゼピン系の薬で、ハルシオンと同じような作用がありますが、ハルシオンより効き目は少し弱くなります。

 

アモバンの特徴は何と言っても効き目の早さ。すべての睡眠薬の中でもトップクラスの即効性があります。

 

服用して15分もすると眠気が襲い、30分ほどで入眠してしまいます。
そのため、アモバンを服用したら、すぐにベッドに入るようにすべきです。服用後に何か用事があっても、途中で眠ってしまう可能性があります。

 

アモバンは超短時間型の睡眠薬なので、効果があるのは服用後2〜4時間だけ。血中濃度の半減期が短いため、持続時間は短めです。

 

アモバンは連続服用していると、1ヶ月ほどで効かなくなります。最初はよく効きますが、だんだん量を増やさないと効果が得られなくなります。

 

急に服用をやめた場合、早いと1日で離脱症状が起こることもあります。

 

アモバンの副作用は、依存性、不安、筋肉痛、めまい、ふらつき、嘔吐、頭痛など。
特に一過性の健忘症になりやすく、睡眠直前や途中の行動を覚えていないということが起こります。
また夢遊症状も起こりやすく、厚労省も注意喚起しています。

 

アモバンの変わった特徴としては、とても苦いという点が挙げられます。
口の中だけではなく胃から苦さがこみ上げてきて、翌朝まで苦さが続きます。

 

不眠になると、ついアモバンなどの睡眠薬に頼りたくなりますが、このような副作用があることを忘れてはいけません。

 

不眠になったら、薬に頼る前に、やさしく睡眠を促してくれるサプリメントを試してみると良いでしょう。

 

不眠症によく効くサプリに「マインドガードDX」があります。
ポリネシアの休息ハーブ、天然ノニを熟成発酵させ配合しています。

 

不眠症を改善するにはセロトニンを増やすことが重要ですが、セロトニンの分泌にはトリプトファンが欠かせません。
ノニには、トリプトファンをはじめビタミンやミネラルなどが豊富に含まれ、不眠を改善する大きな力となります。

 

さらに、長寿の鍵を握る物質としても注目されている高濃度のトランス型レスベラトロール、沖縄の眠り草クワンソウ、休息アミノ酸グリシン、玄米に多く含まれアルファ波を生み出すギャバ、セロトニンを増やす食物繊維イヌリン、天然アミノ酸飲料の香酢が配合されています。

 

それぞれ不眠に効く働きがありますが、7つの成分をあわせることで、相乗作用により、さらに安眠効果が高まっています。

 

そのままでも美味しいのですが、ジュースやお水で割って飲んでもOK。健康的に不眠を改善してくれるオススメのドリンクです。

 

 

 

アモバンを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓
マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから