アナフラニール副作用

 

アナフラニール副作用

 

1960年代に抑うつ状態の患者さんに処方されていた薬の一つにアナフラニール(クロミプラミン)があります。スイス製の抗うつ剤で三環系抗うつ薬の一種です。うつ病だけでなく、強迫神経症や夜尿症にも効果があるということで、現在でも使用されている歴史ある抗うつ剤の一種です。
 三環系の抗うつ薬に共通して言える副作用として「喉の渇き」があげられます。抗うつ剤に共通の副作用としては「めまい」「頭痛」が挙げられます。
 ここで少し考えてみましょう。うつ病は「心の病」と言われますが、実際は「脳の病気」であることがわかっています。その症状は「ゆううつ感」「倦怠感」「睡眠障害」などとされていますが、実際は「めまい」や「頭痛」「腰の痛み」等身体にも影響が出てくるものです。薬を飲んで直そうとすると、同様に「めまい」「頭痛」が起こる……これでは直すために抗うつ剤を服用しているのか?症状を悪化させるために服用しているのかわからなくなってしまいます。実際に副作用によって重症化したという例は多数報告されており、だからこそ、後発薬が出る度に「副作用が少ない」といった宣伝文句が与えられてきているのです。
 副作用は個人差があり千差万別です。また「飲み合わせてはいけない」禁忌もあり、緑内障のある患者
心筋梗塞の回復初期の患者さんには処方してはいけないとされています。
 無論アナフラニールが只の毒であるというつもりはありん。実際に服用し、主作用のおかげで抑うつ状態が回復していくという臨床結果の方が多いのですから。
 もしも、あなたに耐えられないくらいの副作用があったら?
 そんな時は自然食品での体質改善をお勧めします。化学合成物質ではない天然由来の成分ならば、漢方と同様に副作用に苦しめられることなく、抑うつ状態を解消できる可能性があるのです。
 マインドガードにはノニやハーブといった天然由来の食品がふんだんに配合されており、うつ病の原因とも言われるセロトニン生成にも効果が認められています。薬のせいで調子が悪くなった、と感じられている方は、マインドガードを試していただき、副作用の悪夢と手を切って頂きたいと思います。

 

アナフラニールを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓
マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから