デジレル副作用

 

デジレル副作用

 

デジレルの主成分はトラゾドン塩酸塩。1971年にイタリアで生まれ、今では世界約40カ国で使われている抗うつ薬です。
日本では、現在ファイザーから発売されています。
同一薬にはMSDから発売されているレスリンがあります。

 

うつ病を改善するためには、セロトニンとノルアドレナリンの量をうまくコントロールすることが不可欠です。
デジレルは、脳内の情報伝達物質セロトニンを増やす作用と、セロトニンの再取り込みを阻害する作用があり、これらの働きから抑うつ状態を改善していきます。

 

しかしその効果は、ほかの抗うつ薬に比べて弱く、重い症状にはあまり効かないと言われています。
比較的軽症の場合に使われますが、効き目が弱いからといって副作用がないわけではありません。

 

デジレルは、眠気、口の渇き、便秘、ふらつき、だるさ、吐き気などの副作用が出ることがあります。
また、繊維筋痛症の患者が服用すると、疼痛が悪化するという報告もあります。

 

デジレルは、不安を和らげ、鎮静する効果があるため、むしろ抗不安薬や鎮静剤として使われています。

 

眠気を誘うことから、仕事の前には服用しないほうがいいでしょう。
しかしこの副作用により、デジレルは睡眠薬として使うことができます。実際、睡眠薬として処方されることも多くあります。

 

不眠の改善にも使われているデジレルですが、服用を急に中止したり減らしたりすると離脱症状が出る恐れがあります。

 

このようにさまざまな副作用のあるデジレル。眠れないからと気軽に利用するのはあまりおすすめできません。
薬に頼る前に、まず安眠に効くサプリなどを試してみるのも一つの方法です。

 

不眠に悩んでいるなら、安眠を強力にサポートしてくれる「マインドガードDX」がおすすめです。
マインドガードDXは、自然の力でセロトニンを増やしてくれます。

 

南ポリネシアで2000年も前から休息ハーブとして使われてきたノニ。
ノニにはセロトニンを作るのに不可欠なトリプトファンがたっぷり含まれています。さらにアミノ酸や各種ビタミン、ミネラルも豊富。
独特の匂いを消してあるので、お子さんでも美味しく飲むことができます。

 

マインドガードの休息成分はこれだけではありません!

 

長寿の鍵と注目されているレスベラトロールも配合。休息細胞を活性化する働きがあります。
さらに、沖縄の眠り草とも言われるクワンソウ、休息成分グリシン、リラックス効果の高いギャバ、セロトニンを増やす食物繊維イヌリン、天然アミノ酸飲料の香酢など7つの成分が安眠に導いてくれます。

 

ドリンクタイプなので、タブレットよりも吸収率がグンとUPしています。
ISO9001を取得した国内工場で生産され、残留農薬なども厳重にチェック。
安心して飲み続けることができます。

 

健康的に眠りを改善したい方におすすめです!

 

デジデルを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓
マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから