うつ病の薬の副作用

 

うつ病の薬精神安定剤の副作用

 

うつ病の薬には抗うつ薬が使われます、その他に精神安定剤も同時に使われる場合が多いです、両者は同じと思っている方が多いのですが、実際は全く違うものなのです、抗うつ薬はうつの症状を緩和するために使われますが、実際のところ即効性はありません、継続して飲み続ける必要があります。
一方の精神安定剤は人の脳に対して直接作用するため、精神的にリラックスさせたり体調をよくするといった効果があります。

 

精神安定剤を使う目的としては、うつ病というよりは日常のストレス蓄積によって疲れている精神状態を改善するために使います、精神安定剤を使うことで体内にセロトニンと呼ばれる成分を同時に作り出します、セロトニンは人が休息するために必要な成分で、セロトニンが少ないと質のよい睡眠が取れなくなってしまいます。

 

精神安定剤を服用するにあたって注意すべきなのはやはり副作用です、前述したように精神安定剤は脳や神経に直接働きかけるため、良い効果もありますが、反面副作用もあります、主な副作用としては眠気や吐き気、物忘れといった症状があります、さらに精神安定剤を長期に渡って飲み続けていることにより薬に対する依存性も高くなってしまいます、さらに量を増やしていくとどんどん依存度が高くなり、やめられない、飲んでも効き目がなくなっていくといった悪循環になる場合も多々あります。

 

精神安定剤を使うにあたって注意すべきなのは、必要に応じてきちんと専門の医師に相談し、適切な量を服用することが重要なのです。

 

精神安定剤のようにリスクがある薬とは別に、サプリメントによって自然にリラックスできるようなものもあります、中でも休息のためのサプリメントとして有名なのがマインドガードと呼ばれる休息を助けてくれるドリンクタイプのサプリメントです。

 

マインドガードはセラトニンを増やす役目を持つトリプロファンという栄養素をはじめとした豊富な栄養素が含まれているため、眠りを良くすると同時に栄養補給も助けてくれます、しかも天然ハーブを使用しているため体への影響もないので、そういったサプリメントを試してみるのもいいかもしれません。

 

うつの薬を飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓

 

マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから