デプロメール副作用

 

デプロメール副作用

 

デプロメールは、明治製菓から販売されている「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」の一種です。セロトニンの分泌を促進することで、鬱や強迫神経症、パニック障害、摂食障害、睡眠障害などの精神疾患の症状を緩和することができます。

 

日本で正式に認可されたのは90年代末のことであり、比較的歴史の浅いセロトニン系医薬品ですが、その効果は抜群。今や多くのメンタルクリニックで治療薬として広く処方されています。デプロメールの鎮静効果は非常に穏やかなので効き目が出るまで多少の時間はかかりますが、その分老若男女問わず幅広い世代の患者が服用できるメリットがあります。

 

ただし、体質の合わない方がデプロメールを服用すると、様々な副作用を発症してしまう可能性があります。頭痛やめまい、胃腸障害、強烈な吐き気、発汗、時には意識が朦朧とするほどの眠気に襲われることがあります。また、デプロメールを摂取すると、体内のカフエイン分解能力が著しく低下してしまうことが知られています。服用期間中はコーヒーやアルコール類を控える必要があります。

 

デプロメールを服用したことで、かえって精神が不安定になってしまった方も少なくありません。使用に際しては細心の注意が必要であり、万一体調不良を感じたらすぐに使用をやめてかかりつけの医師に診てもらうべきです。

 

うつ状態をもっと安全に改善したい方には、「マインドガード」がおすすめです。マインドガードはセロトニンを多く含む健康ドリンク。寝ている最中に何度も目が覚めてなかなか寝られない睡眠障害に悩んでいる方におすすめの商品です。寝る前に一杯飲めば、緊張した神経をリラックスさせて朝まで快適な眠りにつくことができます。

 

マインドガードは自生の天然ハーブを原料に製造されており、人体に有害な医薬成分は一切含まれていません。飲む際には水だけでなくフルーツジュースなどで割ることもできるので、若年者から年配の方までどなたでも気軽に飲用することができます。

 

健康食品として注目のノニを含んでいますがクセがなく、好きな時に付属の計量カップ1杯を飲むだけです。
マインドガードDXだけで眠れるようになったら、デプロメールとサヨナラできますね。
マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから