グランダキシン副作用

 

グランダキシン副作用

 

グランダキシンは、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬のひとつで、主に自律神経系に良い効果をもたらすと言われています。たとえば自律神経失調症や更年期障害や不眠、不安症状のある方に処方されることが多いです。

 

ただ、どうしても気になるのが薬の副作用です。グランダキシンに限ったことでなく、医師から処方される薬には副作用があるものです。

 

そこでグランダキシンの副作用についてと、代替品として近年注目を浴びているサプリメント「マインドガード」について詳しく紹介しましょう。

 

グランダキシンは、自律神経のバランスを整えてくれる作用があり、穏やかに効果が改善されると言われています。更年期障害にも処方される一般的な薬です。ただやはり、人によっては副作用に悩まされる場合もあります。

 

たとえばふらつき感や、めまいを感じる人もいます。また服用すると、食欲不振や、頭痛、便秘などの不快症状が現れる人も少なくありません。

 

自律神経の乱れで、倦怠感やイライラといった症状を改善するためにグランダキシンを摂取したいけど、副作用が嫌で、服用を躊躇する人もいるのではないでしょうか。

 

そのような人のあいだで、最近グランダキシンの代替品として、マインドガードというドリンク型サプリメンとを取り入れる人が多くなっています。

 

マインドガードはこころのサプリメントとも呼ばれるドリンク型の栄養補助食品です。主に不眠対策としてつくられたドリンクですが、グランダキシンを処方されるような人にも効果があるとされ、代わりとしてマインドガードが注目されています。

 

更年期障害特有の不安感や憔悴感で、不眠になるケースが多く、マインドガードに含まれる天然ハーブが穏やかに作用して、よく眠れるようになった人もいます。さらにマインドガードの魅力は、飲みやすいところにもあります。

 

このようにグランダキシンの副作用を避けたいのであれば、代わりに天然ハーブドリンク、マインドガードを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

グランダキシンを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓

 

マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから