ハルシオン副作用

 

ハルシオン副作用

 

 

何か不安に思うことがあったり、ストレスを感じる事が多いせいで夜眠れない事が多くなってきている、と悩む方は多くいます。

 

こうした事で悩み、睡眠導入剤を処方してもらう為に病院へ足を運ぶ方も多くいます。

 

睡眠導入剤は病院へ行けばすぐに処方してもらえるものではありません。

 

本当に必要な状態かどうか医師による診察が必要です。

 

医師の指導の通り正しく飲んでいれば危険性はそれほど高くないのですが用法用量を守らずに飲んだ場合は健康を脅かす事も考えられますし、様々な副作用に悩まされる事になります。

 

用法用量を守って飲み続ければハルシオンの成分に慣れてきてしまいます。

 

そうなるとハルシオンだけでは深い眠りにつけなくなってしまい、より強力な睡眠導入剤の処方が必要となってしまうのです。

 

ハルシオンはうつ病の治療薬としても使用される事がありますから、気分ががらっと変わってしまう事もありますしそれにより気分が悪くなってしまう事も考えられます。

 

頭痛、めまい、興奮状態などこういった副作用のほかにも沢山の副作用が確認出来ています。

 

副作用の影響を考えるといつでも飲めるものではありませんし、服用の難しい薬である事は間違いありませんから、ハルシオンで睡眠不足を解消する事を考えるのではなく他の方法で深い眠りに付く事が出来るようにするべきです。

 

ハルシオンはベンゾジアゼピン系の睡眠薬で、入眠までの時間が短いのが特徴です。そのため、睡眠導入剤として処方されています。
催眠の効果は2〜4時間程度しか持続しません。

 

ハルシオンは催眠作用が強い分、副作用もあります。
服用直後に一時的な記憶喪失や強いふらつき、めまいを感じることがあります。とくにアルコールとの同時服用で、より強く副作用が出ることがあるので注意しなければなりません。

 

このほか、攻撃的になる、幻覚、夢遊などの神経症状が出ることがあります。
また、呼吸機能に影響するため息苦しいといった症状や、手足の震え、頭痛、発疹、倦怠感、肝機能障害、腎機能障害などの副作用が出ることもあります。

 

ハルシオンは昼間でも眠気に襲われたり、集中力や反射運動能力の低下が起こることがあるので、車の運転や機械の操作、危険な作業は控えるようにします。

 

英国などハルシオンの服用が禁止されている国もあります。

 

どんな薬でも副作用があることを覚えておきましょう。
不眠を治す方法は薬だけでありません。

 

睡眠薬の代わりにマインドガードがおすすめです。
マインドガードに含まれる天然ハーブなどが安眠に効果を発揮し、不眠症を改善してくれます。

 

マインドガードに含まれている成分は次の7つ!

 

■ノニ
南ポリネシアのミラクルフルーツ。
睡眠に不可欠な神経伝達物質セロトニンを作るのに必要な、トリプトファンを多く含んでいます。

 

■レスベラトロール
体の休息細胞を元気に保つ働きがあり、長寿の鍵を握る物質としても注目されています。

 

■クワンソウ
眠り草という別名があるほど、リラックス効果の高い沖縄のハーブ。

 

■ギャバ
アミノ酸の一種でリラックス効果が期待できます。発芽玄米に多く含まれています。

 

■イヌリン
セロトニンの生成を促進する食物繊維。

 

■グリシン
休息成分が豊富に含まれるアミノ酢酸。

 

■香酢
天然アミノ酸を含んでいます。

 

ドリンクタイプなので水やジュースで薄めてもOK。飲みやすいよう工夫してあるで、そのままでも十分美味しいですよ。

 

 

ハルシオンを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓
マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから