メデボリン副作用

 

メデポリンパニック障害副作用

 

メデポリンは、不安・緊張などを和らげる作用のある薬です。
自律神経失調症や過敏性腸症候群、胃や十二指腸の潰瘍、不安・緊張、抑うつ、睡眠障害などによく処方されます。

 

眠気や注意力低下、集中力や反射の低下などを起こすことがあるので、服用しているときは車の運転や機械の操作などは行わないほうが良いでしょう。
また、アルコールによって作用が強まりますので、飲酒も控えたほうが良いでしょう。

 

このほか、副作用として発疹やかゆみが出現することがあります。
また、興奮や錯乱、呼吸抑制、蕁麻疹、顔や気道の腫れなどの現れることもありますので、副作用が疑われるときはすぐ医師に相談してください。
ただし、しばらく服用を続けていた人が急に薬をやめると、手足の震え、不安、不眠、焦燥感、けいれん、幻覚などの症状が出現する可能性があります。
自己判断で急に服用をやめてしまうのも危険ですので、医師に相談する必要があります。

 

また、メデポリンは服用を始めてから症状が改善するまで1週間ほどと即効性があるのが特徴ですが、耐性もできやすく、長期連用には向かないとされています。
ことにパニック障害については、使用当初は効果があるが、効果が長期に持続しないとする研究もあり、離脱も難しいのでメリットをデメリットが上回るとする意見もあるようです。

 

このように、よく効く薬には効果というメリットとともに、必ず副作用や離脱症状といったデメリットも併せ持っていることを承知していることが大切です。

 

では、即効性は重視しないで、副作用の少ない、自然な効果を求める場合は何を選べば良いでしょうか?
不安や焦燥を鎮めるのであれば、リラックス効果のあるサプリメントを続ける、という選択肢があります。

 

「マインドガード」は、リラックス効果のある果実「ノニ」や、アミノ酸、ビタミン、ミネラルのほか、レスベラトロールやGABAも高濃度に配合されています。
また、沖縄で眠り草とも呼ばれる伝統ハーブ「クワンソウ」も使用していますので、リラックスと休息をしっかりとサポートしてくれます。

 

 

 

メデポリンを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓

 

マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから