メイラックス副作用

 

メイラックス副作用

メイラックスは、明治製菓が開発した抗不安剤です。1980年代に発売が開始された製品であり、比較的歴史の浅い医薬品と言えます。しかしその効能は抜群で、鬱病や心身症に伴う極度の不安や緊張、睡眠障害など多岐にわたる精神疾患を和らげてくれる効果があります。

 

メイラックスの特筆すべき長所は、持続時間の長さにあります。緊張した神経を鎮静化させる効果は長ければ10日以上にも渡って発揮されるため、他の抗鬱剤のように依存症に陥るリスクが非常に低い医薬品と言えます。しかも耐性もないので、長期間薬を服用したら効果が薄れるといった心配もありません。

 

とはいえ、薬品である以上副作用のリスクは存在します。めまいや頭痛などの軽い症状から、蕁麻疹や発熱、体のふらつき、ドライアイ、人によっては動悸や胃腸障害、意識障害などの深刻な症状が現れることもあります。使用前には必ずかかりつけの医師と十分に相談することが大切です。

 

より安全に精神の安定を図りたい方には、「マインドガード」をおすすめします。マインドガードは、不眠症に悩んでいる方に最適のドリンクサプリメント。夜中に何度も目が覚めてなかなか寝られない、日中に集中できなくて日常生活に支障をおよぼしてしまう、などの症状に心当たりのある方にとって救世主となってくれる画期的な商品です。

 

人体の睡眠に不可欠な脳内物質・セロトニンを分泌する効果のある天然ハーブを原料に、栄養豊富な植物の成分を豊富に配合。マインドガードを継続的に飲用すれば、睡眠の質を劇的に改善することができます。何より医薬品のように危険な副作用を発症するリスクがないので、どなたでも安心して利用できるメリットがあります。

 

セロトニンの生成に必要な栄養成分は食事によって摂取するしかありませんが、毎日完璧な献立を実践するのは非現実的な話です。その点、わずかカップ一杯のマインドガードを飲むだけの生活なら何の苦労もなく実践できることでしょう。睡眠不足に悩んでいる方は、ぜひマインドガードをチェックしてみてください。

 

 

メイラックスを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓

 

マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから