パキシルの副作用

 

パキシルの副作用

 

パキシルは、主に鬱病治療に用いられる抗鬱剤です。正式には、パロキセチン(選択的セロトニン再取り込み阻害薬=SSRI)という名称の医薬品です。

 

鬱病になると脳内物質の分泌バランスが崩れ、精神活動に様々な支障が現れるようになります。そんな時にパキシルを服用すれば、脳の神経が刺激され、セロトニンやアドレナリンなどの脳内物質が正常に分泌されるようになります。低下した気分が向上し、精神活動を安定化させることができます。その効果は絶大で、鬱病やパニック障害、睡眠障害、摂食障害など様々な精神病治療に活用されています。

 

しかしパキシルは劇薬に指定されており、服用に際しては細心の注意を払う必要があります。特に副作用の症状が深刻で、軽いめまいや頭痛だけでなく、むくみや発疹、時には幻覚が見えたり全身が痙攣したりするほどの禁断症状に陥ることもあります。周囲の人に暴力を振るったり自殺願望が沸いてきたりすることもあり、日常生活を営むことが著しく困難になる恐れもあります。長年の研究により副作用の軽減は図られていますが、素人がむやみに使用するのは非常に危険です。服用前には必ず専門の医師と相談することが大切です。

 

もっと安全に精神活動を安定させたい方には、「マインドガード」というサプリメントがおすすめです。マインドガードは、睡眠中に何度も起きてしまうせいで十分な休息を得られない「中途覚醒」の症状が現れる不眠症の改善に絶大な効果を発揮してくれるドリンクです。良質な睡眠に欠かせない脳内物質・セロトニンの分泌を促し、快適な眠り心地を提供してくれます。

 

しかもマインドガードは天然の休息ハーブを原料に作られており、医薬品のような激しい副作用を発症するリスクがほとんどありません。美容健康に効く高濃度レスベラトロールやギャバ、香酢、クワンソウエキスなど豊富な栄養成分もバランスよく配合されています。水だけでなくジュースで割って飲むこともでき、飲み味も抜群。小さいお子さんから年配の方までどなたでも気軽に飲むことのできるメリットもあります。

 

パキシルを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓
マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから