プロザック副作用

 

プロザック副作用

 

プロザックは、アメリカのイーライリリー・アンド・カンパニー社から販売されている抗鬱剤です。アメリカを中心に世界中に流通している有名な精神安定剤の一種であり、統合失調症や強迫神経症、睡眠障害など様々な精神疾患の症状緩和に効果を発揮してくれます。

 

特筆すべきは、薬品の成分が人体の精神活動をつかさどるセロトニン系の神経のみに作用する事です。他の神経を余計に刺激することがないので、驚異的な精神安定効果があります。しかしあまりにも効果が強すぎて、俗に「ハッピードラッグ」と呼ばれることすらあります。

 

そのため、日本国内ではまだプロザックの販売は厚生労働省から正式に認可されていません。どうしても購入したければ、個人輸入業者から直接仕入れるしかありません。

 

しかもプロザックには、いくつかの副作用があることが報告されています。頭痛やめまい、吐き気、椅子に座ることができないほどの神経痛が発症することがあります。その上、薬が効きすぎると極度の躁状態になってしまい、自殺もいとわないほど精神が不安定になってしまうケースもあり問題視されています。

 

すでに述べたように、プロザックは日本国内では未承認の精神安定剤であり、使用に際して副作用が発症してもすべて自己責任ということになります。後遺症が怖い方は、副作用の発症するリスクの低い健康サプリメントで体質改善を図るべきです。

 

不眠症に悩んでいる方におすすめなのが、健康ドリンク・マインドガードです。南ポリネシアで長年にわたって休息ハーブとして活用されてきた「モリンダシトリフォリア」を主原料に、豊富な栄養成分が濃縮されています。良質な睡眠に欠かせないセロトニンも豊富に含まれているので、寝る前に飲むだけで朝まで快適な眠りにつくことができます。

 

肉体と精神のバランスには正常な睡眠が肝心。最近眠れない、寝てもすぐ目が冴えてしまうなどの症状に悩んでる方は、ぜひマインドガードをお試しになってみてください。

 

 

プロザックを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓
マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから