レキソタン副作用

 

レキソタン副作用

 

レキソタンは非常に効果の高いことで知られる精神安定剤です。極度の緊張や強迫観念を抱いてしまう心身症、睡眠障害などの精神疾患を和らげてくれます。

 

ベンゾジアゼピン系に分類されているレキソタンは、精神の働きが不安定な方の自律神経をリラックスさせる効果があります。そのため、鬱による不安感がもたらす筋肉の緊張を弛緩させ、終始落ち着きを取り戻すことができます。また、精神のバランスを整えてくれるだけでなく、肩こりなどにも効くメリットもあります。

 

市販の精神安定剤の中には持続時間が短いせいで依存症に陥りやすい商品もありますが、レキソタンは一度服用すればほぼ丸1日鎮静効果を発揮してくれます。自律神経失調症や神経症に悩んでいる方にとって、非常に重宝する治療薬です。

 

基本的にレキソタンは危険性の低い精神安定剤と言われていますが、医薬品である以上副作用をもたらす可能性が少なからず存在します。めまいや頭痛、蕁麻疹や発疹などの過敏症、喉の渇き・舌のしびれ、不整脈や手足のふるえ、人によっては意識が朦朧とするほどの眠気に襲われる可能性もあります。このような症状が現れた場合は、直ちにレキソタンの使用をやめ、かかりつけの医師に相談してください。

 

精神安定剤特有の副作用が気になる方は、より危険性の低いサプリメントの使用をお勧めいたします。中でも「マインドガード」は、不眠症の改善に絶大な効果を発揮してくれる健康ドリンクとして近年人気を博しています。休息成分とも呼ばれるセロトニンの分泌を促進してくれる効果があり、鬱に悩んでいる方でも心地よい眠りにつくことができます。

 

しかもマインドガードの原料は自生の天然ハーブであり、副作用の原因となる医薬成分は一切含まれていません。それどころか、天然ノニやレスベラトロール、クワンソウエキスなど豊富な素材の栄養成分もバランスよく配合されており、栄養補給に最適です。水だけでなくフルーツジュースで割って飲むこともでき、若年者から年配の方まで安心して飲用することができます。

 

レキソタンを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓
マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから