SSRI副作用

 

レクサプロ副作用

 

レクサプロは、抗うつ剤として日本では2011年8月から発売された、新しいSSRIとして知られています。SSRIは選択的セロトニン再取り込み阻害薬のことで、うつ状態の人に処方される薬です。

 

レクサプロは効果が高いといわれ、服用することで不安感や不快な気持ちが改善されたという患者さんも多いです。ただベネフィットもあれば副作用というリスクがあるのが、薬の常識です。もちろんレクサプロも例外ではありません。

 

レクサプロの副作用として、頭痛や吐き気、そしてめまいを感じる人も少なくありません。人によっては口が乾くといった症状を感じる人もいます。このような副作用はどんな薬にもあるものです。

 

しかし、薬の副作用を気にして、なるべく副作用の感じない治療をおこないたいと思う人も中にはいるでしょう。できれば自然のチカラで心の状態を良くしたいと考えるのはとても大切なことです。

 

そんな人たちにとって、レクサプロを服用する代わりに、天然サプリメントでセロトニンを増やす選択肢があります。気持ちを安定させ穏やかな状態を保つと言われるセロトニンは、心の病気を患う人は分泌が減っていると言われています。

 

そこで「マインドガード」というドリンク型サプリメントの助けを借りる人が増えています。マインドガードにはセロトニンの生成に欠かせないトリプトファンを多く含んでいます。取り入れた多くの人が不安を解消できたり、気持ちが安定したと効果を実感しています。

 

またNHKの番組でも話題になったレスベラトロールやギャバを多く含んでいるので、質の良い睡眠を実現させてくれる効果も期待できます。

 

さらにマインドガードはドリンク型なので、摂取しやすくジュースで割るなどして好みの飲み方で、長く続けられるのが特徴です。これなら続けやすいとして多くの年代の人に取り入れられています。

 

このようにレクサプロ錠の服用した場合の副作用を避けたい人は、代替品として天然ハーブのサプリメント、マインドガードを取り寄せてはいかがでしょうか。

 

 

レクサプロを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓
マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから