レメロン副作用

 

レメロン副作用

 

うつ病の薬として有名なものにレメロンという薬があります。
レメロンは神経系の薬で抗うつ剤として分類されています。
その効果によって脳が刺激されアドレナリンやセロトニンの分泌が増加します。
精神活動を活発にしてくれるためうつ状態を改善してくれるのです。
服用することによって気持ちが高まり気力がなくなったり不安な気持ちを解消してくれます。
レメロンだけでは不安や焦燥が解消されないため、一般的に抗不安剤や催眠鎮静剤と一緒に使うことが多いようです。
レメロンを服用することの副作用は様々あります。
まずは過敏症状として発疹やかゆみ、むくみ、じんましんといった過敏症状が発生した場合はその使用をやめて医師に相談してください。
過敏症状以外の副作用としても様々報告されています。
頭痛や発熱、吐き気などをともなう場合もあり、こういった場合もやはり早急に医師に相談しましょう。
うつ病の薬の特徴として効果に即効性がない点があげられます。
効果がないからといって自分で勝手に使用をやめるような行為は避けたほうがいいでしょう。
結果的に治療が長引き治すのがどんどん難しくなってしまいます。
いずれにしても医師の指示に従って適切に薬は飲み続けることが大切です。
また、効果がないからといって薬の服用量を増やすことも薬への依存が高くなってしまい、薬なしでは不安になったり眠れなくなったりといった悪影響がありますので薬を飲むことをやめるより危険な行為と言えます。
できるだけ薬を減らしながら治療することがいいのですが、なかなかそうもいかない場合が多いです、そんな時に併用して使いたいのが薬のような副作用がないサプリメントなどを使うことです。

うつ病になるとなかなか寝つきが悪くなったり夜中に何度も目が覚めてしまうような場合があり、精神的にもダメージを受けます、休息をサポートしてくれるサプリメントを服用することで寝つきを良くすることができます。
おすすめなサプリメントとしてはマインドガードです、このサプリはドリンクタイプのサプリメントで、休息に必要な成分がたっぷり配合されていますので、不眠症の方などにも大変好評です。
薬を減らしたい方は是非一度お試し下さい。

 

レメロンを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓
マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから