レスリン副作用

 

レスリン副作用

 

レスリンは抗うつ薬トラゾドンの商品名です。日本ではMSDから発売されています。
三環系、四環系とは異なる構造の抗うつ薬で、SSRIが発売されるまでは、よく処方されていました。

 

レスリンは、セロトニンの再取り込みを阻害して、セロトニンを増やす働きがあります。
このことから、うつ病の治療に用いられてきましたが、うつ病やうつ状態への効果は弱く、どちらかというと症状の軽い場合に使われます。

 

抗不安作用があるので、うつでも不安を訴える場合によく処方されます。

 

レスリンは、眠気、口の渇き、便秘、ふらつき、だるさ、吐き気、軽い動悸などの副作用が起こることがあります。
ただし、三環系抗うつ薬のような循環器系への副作用はほとんど見られません。

 

レスリンは、セロトニンを増やす作用があることから、ときに頭痛、不安、興奮、手足の震えなどが出るセロトニン症候群を引き起こすことがあるので、注意が必要です。

 

レスリンの副作用である眠気を利用して、不眠症に処方されることもあります。

 

このように、レスリンは抗うつ薬としては効果が弱く、むしろ抗不安薬や睡眠改善薬として使われることが多いようです。

 

不眠の改善にも使われることのあるレスリンですが、あくまでも抗うつ薬。
副作用を考えれば、不眠だからと安易に使うのは考えものです。

 

不眠を解消するなら、薬ではなく、サプリメントなど身体にやさしいものを使うことをおすすめします。

 

不眠によく効くものに「マインドガードDX」があります。
レスリンと同様、セロトニンを増やす成分が豊富に含まれていますが、レスリンと違い、薬ではなく自然の植物などから作られています。

 

マインドガードDXには、天然の休息ハーブと言われるノニが贅沢に配合されています。
昔ながらの熟成発酵製造により栄養価が大幅UP。
しかもノニ独特の匂いを抑え、美味しく飲めるように工夫してあります。

 

このほかにも、安眠をサポートする天然成分がたっぷり!

 

沖縄の眠り草の別名を持つクワンソウ、休息細胞を元気にするレスベラトロール、休息成分グリシン、アルファ波を増やすギャバ、セロトニン促進食物繊維イヌリン、天然アミノ酸飲料の香酢が配合されています。

 

マインドガードはドリンクタイプなので、錠剤やカプセルよりも体内吸収率が250%も高くなっています。
美味しいのに、しっかり効いてくれる頼もしい安眠ドリンクです。

 

レスリンを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓
マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから