リスミー副作用

 

リスミー副作用

 

リスミーは、塩野義製薬が開発した睡眠誘導剤です。
大脳辺縁系の活動を低下させるため、不安や緊張を和らげ眠りに導きます。

 

比較的短時間で作用。15〜30分ほどで眠くなり、7〜8時間くらい効果が持続するため、入眠障害や中途覚醒の治療薬として使われています。

 

ハルシオンなどと比べると穏やかな薬とされています。筋弛緩作用も弱いため、高齢者や未成年者に処方されることも多い睡眠薬です。

 

リスミーは効果がないという人もかなりいます。まったく眠くならずボーッとするだけというケースも多く見られます。

 

それだけマイルドな薬ということになりますが、副作用がまったくないわけではありません。

 

リスミーは、ふらつき、めまい、頭痛、倦怠感、脱力感、口の渇きなどの副作用があります。
重い副作用としては、息苦しさ、一過性の健忘症、不安感、幻覚などが報告されています。

 

長期に亘り飲み続けると、依存症となることがあります。急な服用中止で離脱症状が起こることもあるので注意が必要です。

 

不眠症は辛い病気です。眠れない日が続くと、また今晩も眠れないかもと不安になったり、抑うつ状態になったりします。

 

手っ取り早く治そうと、睡眠薬に頼ってしまいがちですが、どんな薬でも副作用のないものはありません。
不眠になったら、薬を飲む前にまず、安眠を促すサプリメントなどを試してみることをおすすめします。

 

不眠に悩む人に最適なのが「マインドガードDX」です。

 

睡眠薬の場合、眠れたとしても、翌朝に眠気やだるさが残ってしまいがちですが、マインドガードDXなら、よく眠れるだけではなく、翌朝スッキリ気持よく目覚めることができます。
これが睡眠薬とサプリの違いでしょう。

 

マインドガードDXには、眠りを誘う成分が豊富に含まれています。

 

質の良い眠りに欠かせない物質にセロトニンがありますが、セロトニンを作るのは必須アミノ酸のトリプトファンです。
マインドガードDXは、このトリプトファンを多く含む天然ノニを贅沢に使用。熟成発酵法で栄養価をさらにUPしています。

 

ほかに、長寿を促す成分としても注目される赤ワイン由来のレスベラトロールも配合。
安眠効果を高めるだけではなく、アンチエイジングも期待できます。

 

さらに、沖縄の休息ハーブ、クワンソウ、リラックス成分豊富な玄米由来のギャバ、セロトニン促進食物繊維イヌリン、アミノ酸を豊富に含むグリシン、香酢などを配合。
ビタミン、ミネラル、ポリフェノールがたっぷり含まれ、自然の力で安眠をサポートします。

 

ドリンクタイプなので、カプセルなどと比べ吸収率も大幅にアップ。優しいけれどしっかり効いてくれます。

 

しかも美味しい!飲みにくいとされるノニも、工夫により美味しく飲むことができます。

 

健康的な眠りを求めるならば、睡眠薬よりも、まずはマインドガードDX。
試してみる価値はあります。

 

 

 

リスミーを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓
マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから