ルボックス副作用

 

ルボックス副作用

 

ルボックスは一般名をマレイン酸フルボキサミンといい、うつ病やパニック障害のような精神疾患の治療に使われる薬です。
ルボックス自体の歴史は短く、日本では1999年に認可されています。
比較的新しい抗うつ剤です。
ルボックスは従来の抗うつ剤に比べて改善された点があります。
それは従来の抗うつ剤に多かった副作用が画期的に減らせているというところです。
従来の抗うつ剤に多かった副作用として口が渇いたり立ちくらみ、便秘といった症状が出やすかったのですが、ルボックスはそういった副作用が出にくくなっています。
その点がルボックスの新しいポイントです。
従来の抗うつ剤は、アセチルコリンという脳内物質にまで作用していたため、口の渇きや便秘につながっていました。
ルボックスはそのアセチルコリンに作用しないように改良されているのです。
そんなルボックスにも副作用はあります。
一番多く方向されているのが飲み始めた頃の吐き気です、個人差はあるようですが、1週間程度で収まる人から飲んでいる間ずっと続く人と様々です。
また、長いあいだ飲み続けて、突然止めることで禁断症状が現れる場合もあるようです。
こういった症状を防ぐためには医師と相談して適切な用法、用量を守ることが絶対です。
ルボックス自体は効き目がマイルドなため、飲んでもその効果はそれほど感じないのが特徴です、だからといって勝手に多めに服用するようなことは絶対にしてはいけません。
抗うつ剤や睡眠導入剤はうつ病治療には必要なものであることは間違いありませんが、薬である以上なんらかの毒性はかならずあるものです。
なるべく薬に頼らずにうつ病や不眠症を改善するためには自分で努力することも必要です。

うつ病が治りかけで再発を防止したい人や睡眠薬をなんとか減らしたい人、さらにはうつ病等による拒食によってなかなか栄養が取れていないといった場合におすすめなのがマインドガードというドリンクタイプのサプリメントです。
日々の眠りの質が悪く、毎日頭痛やめまいで困っているといった方にも最適です。
なにしろ副作用は一切ありませんので、試すだけでも悪いことは一切ありません。

 

 

ルボックスを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓
マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから