三環系抗うつ薬副作用

三環系抗うつ薬副作用記事一覧

トフラニール副作用うつ病というキーワードが世の中にこれほど浸透し始めてから早数年。もちろんうつ病は有史以来の病気ですから、現代病と言うべきものではないのかもしれません。 うつ病診断されて医師から処方されるのが抗うつ剤と言われる薬です。その種類は様々ですが抗うつ剤開発初期段階に使用されていたものがトフラニール(イミプラミン)です。三環系の第一世代薬品と呼ばれるこの薬の効き目は大きく、革命的とも言われ...

アナフラニール副作用1960年代に抑うつ状態の患者さんに処方されていた薬の一つにアナフラニール(クロミプラミン)があります。スイス製の抗うつ剤で三環系抗うつ薬の一種です。うつ病だけでなく、強迫神経症や夜尿症にも効果があるということで、現在でも使用されている歴史ある抗うつ剤の一種です。 三環系の抗うつ薬に共通して言える副作用として「喉の渇き」があげられます。抗うつ剤に共通の副作用としては「めまい」「...

トリプタノール副作用抗うつ剤として、現在では様々な薬が開発され服用している方も多いと思います。その中でもトリプタノール(成分名アミトリプチリン)と言えば古くからある抗うつ剤として有名です。1961年に発売が開始され三環系抗うつ薬の一種とされています。 古くからの抗うつ剤ではありますが、ジェネリック医薬品はまだ発売されていなく薬価は高めの設定です。 三環系は長い歴史のある抗うつ剤なので、その効果と信...

アモキサン副作用アモキサンは第二世代の三環系抗うつ薬と呼ばれ、特許は切れているもののジェネリック医薬品は発売されていないという抗うつ薬です。後発薬に比べてやや強力な薬とされていますが、効果が現れるまでには約2週間から3週間の期間を要するとされています。強力な抑うつ薬という事で、その効果は甚大なのですが、三環系抗うつ薬の中でも副作用が出やすいという困った性質を持っている薬でもあります。 主な副作用は...