セディール副作用

 

セディール副作用

セディールは気分をリラックスさせる薬理作用があります。
神経系統の伝達物質であるセロトニンに選択的に働きかけ、強い不安や恐怖感、焦燥感、睡眠障害などの様々な症状を緩和させるお薬です。

 

これまでのベンゾジアゼピン系製剤抗不安薬に比較すると、セディールはいくつかの優れたメリットを有しています。
まず薬剤そのものに対する依存性を大幅に緩和させ、眠気などの副作用そのものについても少なくなっています。

 

とはいえ、決して副作用が無いわけではありません。
服用する方の体質や体調によっては、発疹や様々なアレルギー症状などの過敏な反応が発生する事があります。
また、めまい、頭痛、ふらつき、不眠、かすみ、肝機能障害など、様々な副作用が見られる事もあります。
この様な副作用が見られた場合には、軽く考えないで、一刻も早く、専門の医師に相談する事が肝要です。

 

そして何よりも大きな副作用としては、「薬剤への依存」そのものがあります。
セディールに含まれる薬理成分としての依存性は、これまでの抗不安薬に比較すると大幅に低い成分であると言われています。
しかし人間の心理としての「依存」は、この様な物質の反応だけで語る事は不可能です。

 

例えば幼子が、お気に入りのぬいぐるみや毛布が無いと眠る事ができないという状態があります。
これと同様に「この薬剤を服用しているから、自分は不安やパニック発作に襲われない筈だ」と思い込む心理的現象の事です。

 

いくらセディールの副作用が少ないと言っても、長期間の服用は人体にとっては良い影響は与えません。
長期間の服用によって徐々に薬剤耐性が付き、同じ分量を服用していても、その効き目は悪くなってきます。

 

つまり長期間の服用は、身体的にも悪い影響を及ぼす事が想像できるのにも関わらず、心理的に依存している為に、止めるに止める事ができないという現象が発生してしまうのです。
この状況もセディールの副作用と言う事もできます。
マインドガードなどを利用して、徐々に不安を和らげるという選択もあるのではないでしょうか。

 

セディールを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓
マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから