セルシン副作用

 

セルシン錠副作用

セルシンは抗不安薬の代表的な薬です、日本では1964年に認可されて長い間使われ続けています。
また、精神安定薬としてだけでなく手術時の麻酔や整形外科において腰痛や肩こりを抑えるためにも使われています。

 

セルシンは最もポピュラーな抗不安薬であり、様々な抗不安薬がある中でも効果は高いほうです。
睡眠作用も高いため、なかなか眠れないような患者さんでも催眠効果があります。

 

セルシンを使用することでの副作用はそれほど心配することはありません、長い間使われ続けている薬ですから効果はあっても副作用は少ないのです。

 

セルシンを服用することでの軽い副作用としてはめまいや頭痛、けん怠感、脱力感といった症状があります。

 

また、セルシンのようなベンゾジアゼピン系の抗不安薬に共通しているのがその依存性です、服用する期間が長いと依存性になる可能性はあります。
そうなるとセルシンがないと逆に不安になってしまいます。

 

セルシンは長い間使われているためその臨床データも豊富で薬としての安全性は非常に高い薬です。
ただし、使いすぎによる依存性には気をつける必要があります。

 

前述のとおりセルシンは副作用も少なく安心な抗不安薬ですが、依存性もあります、そんな時に薬を減らすために補助的に使うといいのがサプリメントです、なるべく薬に頼らないで症状を改善したいと思ったらマインドガードDXというドリンクタイプのサプリメントがあります。

 

やはり精神的な疾患には睡眠が必要です、寝つきが悪くてなかなか質の良い眠りを取れないとうつ状態も悪化してしまいます。

 

そんな時にセルシンのような安定剤を服用するのは確かに効き目がありますが、依存性や副作用もあります。

 

マインドガードDXは眠りに必要な成分セロトニンを生成するための成分が配合されているため人間が本来持っている休息力を補ってくれます。

 

個人差はありますが、マインドガードを飲むようになってから薬の量を減らすことができるようになったという方がたくさんいらっしゃいます。

 

 

セルシンを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓
マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから