ソラナックス副作用

 

ソラナックス錠副作用

 

ソラナックスは、神経症、うつ状態、自律神経失調症、更年期障害による不定愁訴、などに対してよく処方される薬です。
一般的には不安や焦燥感、倦怠感、意欲の低下などを改善する作用を期待して使われますが、副作用もあります。

 

主な副作用としては、眠気やめまい、倦怠感、口の渇き、発疹、かゆみなどが挙げられます。
また、錯乱状態、幻覚、呼吸抑制、肝機能障害なども起こり得ます。
服薬を中断した場合、けいれんや頭痛、幻覚、意識障害、手足の震えなどが出現する場合もありますので、副作用が疑わしい場合は自己判断で中止せず、すぐに医師に相談する必要があります。

 

このように、医師の処方する薬はよく効く・即効性があるというメリットはあるのですが、副作用や依存性などのデメリットもはらんでいます。

 

ところで、同じようにリラックス作用のあるサプリメントも数々販売されているのをご存知でしょうか?
サプリメントは栄養補助食品ですので、薬のような即効性はありませんが、長く続けることで徐々に体の調子を整えていきます。
即効性がない分、副作用も少ないというメリットがあります。

 

不安感や焦燥感を緩和する脳内物質として有名なのが「セロトニン」ですが、ストレスなどでセロトニン分泌が減少すると、不安や焦燥感、倦怠感、意欲の低下などを招きます。
そこで、ストレスなどで減少したセロトニン分泌を正常化することで、不安や焦燥感、倦怠感、意欲の低下などを改善する効果が期待できるサプリメントが、「マインドガード」です。

 

セロトニンはそのまま服用してもセロトニンとして働きませんので、脳内のセロトニン分泌を促す物質の形で摂取する必要があります。
マインドガードには天然のノニ(モリンダシトリフォリア)を高配合。
ノニに含まれるプロキセロニン、スコポレチンなどの成分や、トリプトファンなどのアミノ酸、各種ビタミン、ミネラルが、セロトニン分泌を促し、体調を整えられるようにしっかりとサポートしてくれます。

 

 

ソラナックスを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓

 

マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから