睡眠薬の副作用

 

睡眠薬の副作用

 

眠れなくてつらいから睡眠薬を飲んでしまう・・・

 

わかります、その気持ち、私もそうでしたから・・・

 

 

けどねマイスリーやハルシオン、デパス、レンドルミンなどの睡眠薬はクセになるとなかなかやめられなくなってしまうの。

 

私もやめられなくてずいぶん苦しみました。
やめようとすると普通の精神が保てなくてつらかった・・・

 

たくさん飲んでいると強い副作用も出るから怖いですよね・・・

 

 

睡眠薬を飲むと次の日会議や仕事中、運転中に眠たくなってきついです。
なんかぼーっとして本来の思考力が働かないし。

 

睡眠薬はよく効くものも多く、緊急避難的に使用される分にはとても効果の高いものではありますが、やはり長期間飲み続けることになると、副作用が気になりますね。

 

よく使われる睡眠薬として代表的なものをいくつか見てみましょう。

 

マイスリーは非ベンゾジアゼピン系催眠鎮静剤に分類され、睡眠薬としての作用は中等度といったところですが、そのかわり依存性を作りにくいことが知られています。
また、服用後10〜20分程度で催眠効果が現れ、効果がなくなるのがおよそ2時間〜4時間と短いので、高齢者で夜中に何度かトイレに起きるような人にも使いやすいという特徴があります。
しかし、優れた薬にも副作用はあります。
マイスリーの場合は、内服後のめまいやふらつき、一時的に記憶が混乱する、眠ったまま動いたり歩いたりする可能性がある、頭痛、倦怠感、起床後の眠気の残存などです。

 

ハルシオンは一昔前までは短時間型の睡眠薬としては他に選択肢がなかったほどの薬でした。
しかし、めまい、ふらつきなどのほか、錯乱や興奮、夢遊状態や幻覚・妄想が出現することが比較的多く、また薬が効いているうちに中途覚醒してしまうともうろう状態で前後のできごとを全く憶えていない健忘状態になりやすいことがわかりました。
アルコールと一緒に服用すると墜落するように眠り込んでしまうため、種々の犯罪に使われたことを記憶されている方もいるでしょう。
危険性の少ない薬が色々開発されましたので、最近ではめったに処方されない薬になりました。

 

デパスという薬の名前もよく耳にされるかも知れません。
こちらは睡眠薬と言うよりは抗不安剤に属する薬で、不安感や緊張、焦燥、抑うつなどの精神症状を和らげる薬です。
眠気を催す効果もありますので、不安を鎮めて眠りを呼び起こすといった意味合いでも使われます。
しかし、この薬にも副作用があり、眼や口の乾き、言語障害、脱力、興奮、幻覚や妄想、血圧低下、食欲不振や吐き気などの胃腸障害、便秘などを引き起こすことがあります。

 

 

 

睡眠薬の代わりにマインドガードがおすすめです。
マインドガードに含まれる天然ハーブなどが安眠に効果を発揮し、不安や不眠症を改善してくれます。

 

 

睡眠薬を飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓

 

マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから