トフラニール副作用

トフラニール副作用

 

うつ病というキーワードが世の中にこれほど浸透し始めてから早数年。もちろんうつ病は有史以来の病気ですから、現代病と言うべきものではないのかもしれません。
 うつ病診断されて医師から処方されるのが抗うつ剤と言われる薬です。その種類は様々ですが抗うつ剤開発初期段階に使用されていたものがトフラニール(イミプラミン)です。三環系の第一世代薬品と呼ばれるこの薬の効き目は大きく、革命的とも言われるものでした。
 効き目が現れるのは二週間三週間といった一定の期間が必要なのですが、血中の濃度が安定すれば、抑うつ状態が改善されるといった効果があったのです。しかしながら、薬と言えば怖いのが副作用です。化学合成物質なので当たり前ですが、精神薬となると脳に直接作用するわけですから、その副作用は多岐にわたり、精神はおろか身体にまで影響を及ぼしてしまうのです。
 めまい・頭痛はおろか・口の渇き・便秘といった身体が変わり始めた!と実感する副作用も報告されています。副作用は個人によって千差万別の現れ方をしますのでトフラニールが「あう」という患者さんもいればトフラニールを服用したことでますますよくつ状態が促進されてしまったと感じる患者さんもいます。しかも効き目が出るのは二週間〜三週間後の話です。その間薬があうかあわないかを副作用に耐えながら、じっと待たなくてはいけないのです。
 さて、そもそも、うつ病の原因とされているのはなんでしょうか?
 それは脳内のシナプス間の伝達物質である「セロトニン」の絶対量の不足、と言われています。セロトニンは幸福物質・安心感物質とも言われ、人間が「幸せに」暮らしていくためには欠かせない物質です。それが不足してしまうのですから、脳内は電池切れを起こしてしまったかのように急速に疲弊し、その結果抑うつ状態になってしまうと考えられています。
 副作用なしの薬は現在でも作ることは不可能です。ですが「効く」自然食品は古来から脈々と受け継がれています。マインドガードには「ノニ」や「ハーブ」といった天然由来の成分がふんだんに配合されており、セロトニンの生成に効果があるとされています。副作用なしで抑うつ状態から抜け出すために、マインドガードをお勧めします。

 

トフラニールを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓
マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから