トリプタノール副作用

 

トリプタノール副作用

 

抗うつ剤として、現在では様々な薬が開発され服用している方も多いと思います。その中でもトリプタノール(成分名アミトリプチリン)と言えば古くからある抗うつ剤として有名です。1961年に発売が開始され三環系抗うつ薬の一種とされています。
 古くからの抗うつ剤ではありますが、ジェネリック医薬品はまだ発売されていなく薬価は高めの設定です。
 三環系は長い歴史のある抗うつ剤なので、その効果と信頼度も高いのですが、後発薬に比べて副作用が出やすいという難点があります。現在わかっている副作用として列挙していきますと、めまい・つづう・喉の渇き・眠気・排尿障害。いずれも強く出る傾向にあるのがこの薬の特徴です。その分、効き目があるということもできるのですが、副作用は個人差があるために、主作用が現れるまで飲み続ける事が出来ないという方が多いのも事実です。抗うつ剤の効果が表れ始めるのに少なくとも2週間かかると言われているので、2週間はこういった副作用に悩まされなければいけないという、抑うつ状態の方にとっては泣きっ面にハチと言うべき状況にもなりうるのです。
 抑うつ状態で一番つらいのは睡眠障害の発生です。眠りたいのに眠れない。眠りに就いたのはいいが、すぐに目覚めてしまう。真夜中の2時3時に目が覚めてしまい以後明け方まで眠る事が出来ない。睡眠障害は鬱のデフレスパイラルのようにあなたの元気を奪っていきます。
 抗うつ剤の副作用が怖い。というあなたに、自然食品で根本から直すという方法がある事をご紹介いたします。
「ノニ」「レスベラトロール」「クワンソウ」などを原材料として作られたマインドガードというサプリメントがそれに当たります。上記の成分はうつ病の原因とも言われるセロトニン不足を補う成分であり、しかも副作用がないという安心を得ることが出来ます。
 安心しながら飲み続けることで、心身ともにリラクゼーションを与え、抑うつ状態が快方に向かっていく。マインドガードはそんな効果のあるサプリメントなのです。

 

 

トリプタノールを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓
マインドガード

 

睡眠サプリメント人気おすすめランキング最新版はここから