鬱の薬

鬱のうつ病の薬 副作用記事一覧

リフレックス錠副作用眠れない、不安感が高い、イライラする、集中できないなどといった方で、抗うつ剤として処方される薬にリフレックスがあります。抗不安薬的な作用が期待できますから、不安感をともなううつ状態に適した薬です。パニック障害や、過食症など心の不調にも処方されることがある薬ですが、中には、吐き気、頭痛を訴える方もいます。個人差はありますが、副作用が大きければ、気持ちを軽くするために飲んでいる薬な...

レメロン副作用うつ病の薬として有名なものにレメロンという薬があります。レメロンは神経系の薬で抗うつ剤として分類されています。その効果によって脳が刺激されアドレナリンやセロトニンの分泌が増加します。精神活動を活発にしてくれるためうつ状態を改善してくれるのです。服用することによって気持ちが高まり気力がなくなったり不安な気持ちを解消してくれます。レメロンだけでは不安や焦燥が解消されないため、一般的に抗不...

うつ病の薬精神安定剤の副作用うつ病の薬には抗うつ薬が使われます、その他に精神安定剤も同時に使われる場合が多いです、両者は同じと思っている方が多いのですが、実際は全く違うものなのです、抗うつ薬はうつの症状を緩和するために使われますが、実際のところ即効性はありません、継続して飲み続ける必要があります。一方の精神安定剤は人の脳に対して直接作用するため、精神的にリラックスさせたり体調をよくするといった効果...

ドグマチール副作用ドグマチールをご存知ですか?あまり聞きなれないかと思いますが、ストレスなどによるうつ状態に効果がある薬の一種です。心療内科に行くとドグマチールを処方されることがあります。ドグマチールは脳内のドパミンと呼ばれる神経伝達物質に作用して抑うつな気分や不安と緊張を鎮めて精神を安定した状態にしてくれます。もちろん薬ですので個人差はありますがなんらかの副作用はありえます、そういった時は即使用...

レスリン副作用レスリンは抗うつ薬トラゾドンの商品名です。日本ではMSDから発売されています。三環系、四環系とは異なる構造の抗うつ薬で、SSRIが発売されるまでは、よく処方されていました。レスリンは、セロトニンの再取り込みを阻害して、セロトニンを増やす働きがあります。このことから、うつ病の治療に用いられてきましたが、うつ病やうつ状態への効果は弱く、どちらかというと症状の軽い場合に使われます。抗不安作...

デジレル副作用デジレルの主成分はトラゾドン塩酸塩。1971年にイタリアで生まれ、今では世界約40カ国で使われている抗うつ薬です。日本では、現在ファイザーから発売されています。同一薬にはMSDから発売されているレスリンがあります。うつ病を改善するためには、セロトニンとノルアドレナリンの量をうまくコントロールすることが不可欠です。デジレルは、脳内の情報伝達物質セロトニンを増やす作用と、セロトニンの再取...